2010年04月07日

ジェネリック医薬品

皆様の薬の疑問に答える為、勝手にシリーズ化決定パンチ
NEW 【 連続シリーズ おくすりの疑問 薬剤師に聞いてみよぉ〜 】っと犬 


≪第1回ジェネック医薬品≫

・ジェネリックの名前の由来
「generic name(一般名)」= 商品名ではなく、薬の有効成分を意味するらしいです。

ジェネリックの他にも後発品とか、
特許が切れた後にゾロゾロ出てくるからゾロとか・・・  
でもそっちの呼び方はあまり良い雰囲気をかもしだしませんねバッド(下向き矢印)

・先発品とジェネリックの違いって?

先発品=研究開発され、世の中で最初に使用される薬。

ジェネリック=先発品の成分や情報を引き継ぎ
         先発品の特許が切れた後に販売される薬。

・どうして安価なの?

上記のように、先発品には研究開発費用がたくさんかかっています。
ジェネリックはその費用がかからない分薬価に反映されています。

・効き目や安全性は?

ジェネリック医薬品も先発品の情報を引き継いで作っているので基本
同じ有効成分・同じ効能・効果をもつと言われています。

こんな感じで、今回は比較的基本的な質問にしました。

次回は“効き目や安全性は?”について
もう少し詳しく掘り下げていこうと思います。


posted by まつもと at 18:04| Comment(0) | ジェネリック医薬品って? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

ジェネリック医薬品“薬の添加物”

NEW 【 連続シリーズ おくすりの疑問 薬剤師に聞いてみよぉ〜 】っと犬 

≪第2回ジェネック医薬品≫

前回の続きからスタートです。
・効き目や安全性は?

ジェネリック医薬品も先発品の情報を引き継いで作っているので基本
同じ有効成分・同じ効能・効果をもつと言われています。は、前回まで
さらに突き詰めますパンチ

“添加物”

薬には剤型を整え(錠剤に固めたり)、飲みやすく又飲み込みやすくする為に、
有効成分以外の物質(添加物)を使っています。
添加物とは聞こえは悪いですが、薬を作るうえで欠かせないものなのです。
最近は新しい基準に従って
より安全ですぐれた添加物が使われるようになっています。

この添加物が薬によって違うものを使っている事があります。

その添加物が体に合わないと
アレルギーと言う形で色々な反応が出てしまいます。ふらふら

もし先発品からジェネリックに変更し
何か反応が出た場合は添加物の可能性も考えられますね

でも、このような場合、ジェネリックからジェネリック
ジェネリックから先発品に変更した場合でも
十分あり得ることですね猫

では実際の薬で、添加物の違いをどうぞ

例)ロキソニン錠(先発品)

ro.jpg有効成分:ロキソプロフェンナトリウム

添加物 :低置換度ヒドロキシプロピルセルロース
      三二酸化鉄、乳糖水和物
      ステアリン酸Mg

re.jpgレトラック錠(ジェネリック医薬品)

有効成分:ロキソプロフェンナトリウム

添加物 :乳糖水和物、トウモロコシデンプン
      ri.jpgヒドロキシプロピルセルロース、三二酸化鉄
      ステアリン酸Mg
、無水ケイ酸


こんな感じでいかがでしたでしょうか?

次回は“剤型”についてをお送りします。





posted by まつもと at 16:45| Comment(0) | ジェネリック医薬品って? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

ジェネリック医薬品“剤型編”

NEW 【 連続シリーズ おくすりの疑問 薬剤師に聞いてみよぉ〜 】っと犬
≪第3回ジェネック医薬品≫
kusuri-1.jpg今回は“剤型”についてです。

ジェネリック医薬品と剤型に何の関係が???

「もっと飲みやすい、又は飲ませやすい薬」
があったらと思ったことはありませんか?

そんなところもジェネリックなら叶えてくれるかもぴかぴか(新しい)

薬には色々な型があり、それぞれに特徴があり
(剤型については後日詳しく取り上げます)

飲みやすさや味の良さ、薬の効き方の違いにもなってきます。

粉薬・錠剤・カプセル・シロップ等はおなじみでしょうが

最近はそれに加え、新しい剤型も作られています。

チュアブル錠・OD錠といった水なしでも飲めるもの。

更には半固形のゼリー剤、こちらも水なしでも飲め
のどに詰まらせる心配がなく、嚥下困難
な方でも容易に服用できます。
sinn-1.jpgこの新剤型は、先発品にはなくジェネリック医薬品にならある
と言う事もあります。

なぜなら、ジェネリック医薬品は先発品の特許が切れてから
作られるので、それまでには20年以上経過しています。

その間に技術が進歩し、良い添加物が開発されているので
すぐれた品質のジェネリック医薬品ができるのです。

もし今まで、偏見や不安感でジェネリック医薬品を否定

しているとしたら、もしかして“もったいない”事かもバッド(下向き矢印)

だって、今より安いお薬で自分にあった飲みやすい薬が

あるかもしれないのですひらめき

                          つづく・・・
posted by まつもと at 18:42| Comment(0) | ジェネリック医薬品って? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする