2010年01月14日

十勝おびひろ枝豆サラダ麺

先日のまつもと薬局の新年会に登場した「十勝おびひろ枝豆サラダ麺」の紹介です。

sarada.jpg


この麺料理すごいのですひらめき

帯広の新・ご当地グルメとして誕生し、ルールなどが存在するのです exclamation

コンセプト
新たな食の魅力創出のため
メイド・イン・十勝帯広地産地消型「新・ご当地グルメ」
を開発

テーマ
小麦大国・十勝らしく「麦チエン!」(どっかで聞いたような・・・)

ルール
@ 正式名称「十勝おびひろ枝豆サラダ麺」 一般呼称「帯広の枝豆サラダ麺」

A 麺は十勝産小麦100% 冷製平打ちパスタ

B 十勝の枝豆をたっぷり使う

C 枝豆以外の十勝産の豆を最低種類以上使う(インゲン、小豆など)

D 帯広の長いもを生で使う

E 他の食材もなるべく十勝(帯広)産、旬のものにこだわる

F 協議会指定特性和風ドレッシングで味付けをする

G 各店オリジナルのつけダレを用意、3通の食べ方を提案する
  
などと、他に4項目ほどあります。
残りは実際に食べに行って発見してください。


posted by まつもと at 16:35| Comment(0) | 十勝・帯広のこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

まつもと薬局自由が丘店開局10年

  平成22年10月6日

まつもと薬局自由が丘店がオープンして10年の節目を迎えます。

光陰矢(こういんや)のごとし、jiyugaoka04.jpg
年月が経つのは早いです。

自由が丘店周辺は、今様変わりしています。

近隣には、レストラン・携帯電話屋・洋服屋等のショッピングモール

店舗東側は、工事中だった砂利の細い道が弥生新道となり、
幅50メートルもある立派な道路になってしまいました。

人工物ができ、周りの風景は変わっていきますが

ぴかぴか(新しい)まつもと薬局の目指す理念だけは変わることなく、持ち続けたいものですぴかぴか(新しい)

taisetsu2.jpg
右の写真は、私の故郷 “鹿追”(帯広市の近く)から
大雪山方面(ビート畑?)を写したものです。

夏から秋へ移り変わろうとしている風景ですが
10年前とは何も変わっていません。


「濃い緑」「淡い緑」「青い空」「白い雲」「風の音」 ・ ・ ・
taisetsu1.JPG

何もかも昔のまんま。

10年前の記憶は遠のいても、この風景だけは覚えておいていたい。

             (社長 マツモトでした)


ラベル:風景 大雪山 社長
posted by まつもと at 12:14| Comment(0) | 十勝・帯広のこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

「十勝野黒にんにく」トヨニシファームさん

kuro.jpgkuro8.jpg








何でしょう? 美味しそう?? トヨニシファームさんの「十勝野黒にんにく」です。
その名の通り、十勝(帯広)で収穫したニンニクで作ったパワー モリモリ パンチ 黒にんにくです。
ところで、何故黒にんにくなのか?何が違うのか?
kuro7.jpg
【勉強会】
・熟成発酵していく段階で黒くなります。
・不快な匂いがなく、食べる時間帯を気にする必要がありません。
・ニンニク本来の甘味が増し、フルーツの様に食べやすくなります。
アミノ酸等栄養価が高くなります。(天然のサプリメント)
ポリフェノールの含有量が増加します。 etc・・・

そして何よりも嬉しいのは、国産!しかも十勝産!!のにんにくを使い添加物を一切含まない安心・安全な食べ物なのです。
そのまま食べても、お料理にも使えるそうです。
         
kuro5.jpg  kuro4.jpg   kuro3.jpg
posted by まつもと at 12:09| Comment(0) | 十勝・帯広のこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

幻のパン!!ゆとりパン!?

今月から会社の厚意で
『ゼロから始めるネットショップ活用セミナー』
で講義を受けさせてもらっています。

今回が3回目
いつもの会場へ着くと、
いやぁ〜な雰囲気がただよっています。

グループディスカッションですがく〜(落胆した顔)
しかも、めっちゃ人見知りのこの私にリーダーをやれと・・・あせあせ(飛び散る汗)

ただ、幸いな事に全員女子なので
私の得意な“ケ・セラ・セラ作戦”でいっちゃえ〜るんるん

で何をするの犬
ネットショップで「どのように、何を売るか」つまり、企画会議です。グッド(上向き矢印)

私たちのグループは、7人編成で、年齢30代〜60代と思われ
十勝の方はもちろん、道外から移住?されたと思われる方もいます。
帯広の老舗パン屋の方から失業中の方と様々です。

では早速私から(一応リーダーなので)
「他ではあまり売っていない・十勝、北海道らしさ・コスト・送料・レシピの豊富さから、ユリ根」
他の方
「十勝産の小麦粉」「十勝の切干大根」「野菜」「豆」「パン」
「ビーフジャーキー」「よつ葉製品(=北海道のイメージ)」

どのように売るか
小麦粉+ユリ根=スィーツが出来そう。
小麦粉+野菜 =健康パン。1日の1/3の野菜が摂取できます・・・みたいな

パンといえば、いまは自宅で作る人も多い=小麦粉+季節の野菜+十勝の天然酵母を
セットにして“全て十勝の食材で作れます”とプロモーション
もちろん焼いたパンも、半生パン(家で焼くだけ)も販売。
そして頒布会形式。
年に数回、何が届くか?ワクワクの回もあったりして・・・
P6090242.jpg
ターゲットは、少し価格が高くなる事を想定して
ゆとりのある家庭・おひとり様・料理男子etc...

皆のテンションもあがってきたところで、
「それでは、グループのリーダーの方発表して下さい」

“げっ” がく〜(落胆した顔) 
リーダーって誰だっけ?もしかして私 どんっ(衝撃)
あははは〜 ここは知らないふり、聞こえないふり、お願い誰かやって〜ふらふら

しかも、ネーミンングも決まっていないのに・・・
P6090243.jpgど〜する、ど〜するネーミング(ここからは、皆小声です)
ひらめき ゆとりパンひらめきするとすかさず、書記の方が
でっかい字でゆとりパンと・・・クスクス・クスクス(笑い)
あっ、マイクきた。やっぱり私だったのね〜バッド(下向き矢印)

発表!!
そして司会の方のたくさんの補足により無事終了わーい(嬉しい顔)

グループの皆さん拙いリーダーでごめんなさい。
そして、ありがとうございました。
次も頑張りましょうかわいい
posted by まつもと at 14:06| Comment(0) | 十勝・帯広のこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

待望!!十勝の地の酒

sake.jpg先日初の利き酒会に行ってきましたるんるん
帯広で立ち飲み屋を経営されている酒屋さん主催です。

“第十九回 地の酒日本酒を楽しむ会”
会場は帯広から車で40分程の士幌にあるプラザ緑風です。
目玉は、十勝の新酒 初登場exclamation×2です。

初参加にして十勝の地の酒が飲めるなんて感激ですわーい(嬉しい顔)

しかも、十勝で31年ぶりの地酒4000本限定発売!!
その名も【十勝晴れ】です。
手掛けたのは帯広市の経済界を中心にした
「とかち酒文化再現プロジェクト」
kiki2.jpg醸造は小樽市のメーカーに委託し、
酒米「彗星」は地元の音更町産で、
仕込み水も同町内の深層地下水を利用したそうです。

もう、入手不可だそうです。

早速ありがたく頂きますグッド(上向き矢印)
来年も飲めると良いなぴかぴか(新しい)なんて言ってるうちに
次々とお酒がやってきます。

全部で6本!! どれもレアものだそうです。

kiki1.jpg
いいだけ飲んだ後に、利き酒の始まりです。
これは、主催者の策略によるものですふらふら

美味しい料理とお酒で、
何が何だか、もうどうでもいいやとなった所で
当然当たるはずがございませんもうやだ〜(悲しい顔)

そして楽しい2時間は、あっという間に過ぎ、
私達の前には、空き瓶と空いたお皿だけが・・・

しかし他のテーブルを見回すと、お酒残ってるグッド(上向き矢印)

kiki3.jpg「持って帰りなさ〜い」と神の様な声が
もちろん、ありがたく頂戴しました。

ところで、どうして士幌なのですか?と伺った所
プラザ緑風の方にホテル興し・町興し
としての相談を持ちかけられたのが始まりだそうです。

そして、来月は帯広で楽しい企画が開催予定だそうです。

もちろん、愉快な3人組で行かせていただきまするんるん
posted by まつもと at 15:50| Comment(0) | 十勝・帯広のこと・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。