2010年04月08日

ジェネリック医薬品“薬の添加物”

NEW 【 連続シリーズ おくすりの疑問 薬剤師に聞いてみよぉ〜 】っと犬 

≪第2回ジェネック医薬品≫

前回の続きからスタートです。
・効き目や安全性は?

ジェネリック医薬品も先発品の情報を引き継いで作っているので基本
同じ有効成分・同じ効能・効果をもつと言われています。は、前回まで
さらに突き詰めますパンチ

“添加物”

薬には剤型を整え(錠剤に固めたり)、飲みやすく又飲み込みやすくする為に、
有効成分以外の物質(添加物)を使っています。
添加物とは聞こえは悪いですが、薬を作るうえで欠かせないものなのです。
最近は新しい基準に従って
より安全ですぐれた添加物が使われるようになっています。

この添加物が薬によって違うものを使っている事があります。

その添加物が体に合わないと
アレルギーと言う形で色々な反応が出てしまいます。ふらふら

もし先発品からジェネリックに変更し
何か反応が出た場合は添加物の可能性も考えられますね

でも、このような場合、ジェネリックからジェネリック
ジェネリックから先発品に変更した場合でも
十分あり得ることですね猫

では実際の薬で、添加物の違いをどうぞ

例)ロキソニン錠(先発品)

ro.jpg有効成分:ロキソプロフェンナトリウム

添加物 :低置換度ヒドロキシプロピルセルロース
      三二酸化鉄、乳糖水和物
      ステアリン酸Mg

re.jpgレトラック錠(ジェネリック医薬品)

有効成分:ロキソプロフェンナトリウム

添加物 :乳糖水和物、トウモロコシデンプン
      ri.jpgヒドロキシプロピルセルロース、三二酸化鉄
      ステアリン酸Mg
、無水ケイ酸


こんな感じでいかがでしたでしょうか?

次回は“剤型”についてをお送りします。







posted by まつもと at 16:45| Comment(0) | ジェネリック医薬品って? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。